AWSエンジニアに未経験から転職する方法

AWS

こちらのページでは、AWSエンジニアに未経験から転職する方法を紹介します。

IT未経験からAWSエンジニアに転職を考えている人は、以下のような疑問があるのではないでしょうか。

  • AWSエンジニアの年収は
  • IT未経験でもなれるの
  • 具体的にどうしたらなれるの

国内のクラウド市場は右肩上がりを続けており、今後も増加が予想されています。

AWSなどのクラウドサービスを導入・切り替えを実施するシステムが増えており、それに伴いクラウドエンジニアの需要が上がっているため、将来性のある職種です。

クラウドエンジニアの平均年収は約580万円くらいで、インフラエンジニアよりも高い傾向にあります。フリーランスであれば年収1,000万円も十分に狙えるレベルです。

また、AWSエンジニアに必要な知識は、プログラムよりもインフラ系の知識が多いです。そのため、IT未経験者でも比較的転職しやすいのが特徴です。

この記事を読むと以下のことが分かります。

「IT未経験から、なるはやでAWSエンジニアに転職する方法」

でも、IT未経験でいきなりやっていけるのか不安ですよね。

自分も未経験で飛び込んだのでその気持ち分かります。

私は27歳でIT未経験からインフラエンジニアになり、今はAWS案件を中心に従事しています。その経験も踏まえて転職する方法についてご紹介していきます。

AWSエンジニアに未経験から転職する方法

AWSエンジニアに未経験から転職するには、以下の通り3ステップが必要です。

  • IT基礎知識を学ぶ
  • AWSを学ぶ
  • 転職活動

IT未経験からだと、AWSを学ぶ以前にまずはIT基礎知識を勉強したほうがよいです。

AWSなどのクラウドサービスであれ、プログラマーであれ、土台となるのはコンピュータの基礎知識です。

基礎を学ばずにいきなりAWSを学ぶのはあまりおすすめしません。基礎力をつけてからAWSの勉強を進めましょう。

AWSの勉強は、AWSアカウントを作成して実機を触りながら覚えていくことが大事です。教材費なども含めてある程度の出費が掛かります。自己投資は積極的にして、効率よく勉強を進めていくことをおすすめします。

転職活動のためのアピールとして、AWSの資格取得も検討したほうがよいでしょう。

そして、転職活動という流れになります。転職活動は転職エージェントなどを使って希望の条件の職場を探しましょう。

以降で、詳細について説明していきます。

IT基礎知識をITパスポート試験で学ぶ

ITの基礎知識は、国家試験のITパスポート試験で学ぶのがおすすめです。

ITパスポート試験は、ITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験です。

IT系の資格試験の中では簡単な部類で、入門レベルに相当します。

まずは広く浅く学べるこの試験を通して最低限のラインを学んで、ここからしっかりと土台を固めていきましょう。AWSだと特にネットワーク系の知識が大事です。
(IPアドレス、ネットワークアドレス、サブネットマスク、ルーティング、DNSなど)

試験範囲には技術系の知識だけでなく、経営・マネジメント系の分野もはいっています。

AWSとはあまり関係ない部分ではありますが、今後IT業界でやっていくのであれば知っておいて損はないかと思います。

ITパスポート試験の概要や、勉強方法について以下の記事を参照してください。

ITパスポートのオンライン講座のおすすめはこれ、受かる気がしない人へ
こちらの記事では、ITパスポートのオンライン講座の中で1番のおすすめを紹介します。 ITパスポートの受験を考えているみなさんは、以下のようなことを感じていませんか。 内容が難しすぎる 勉強方法がよく分からない 受かる気がし...

本気でAWSを学ぶならRaiseTech(レイズテック)

AWSを本気で学ぶならば、RaiseTech(レイズテック)がおすすめです。

RaiseTechは「最速で稼ぐ」事を目的としたエンジニアリングスクールです。

↓ すぐにチェックしてみる!

その特徴について説明します。

RaiseTechのおすすめポイント

現場で必要な知識をつけることができる

RaiseTechの講師陣は、現役エンジニアとして活躍されている方々で構成されており、現場で扱われる技術のみを取り扱います。

例えば同じ目的であっても、実現するための実装方法が多数存在することが現場ではざらにあります。

ですが、こういう場合はこうするとよいという定石的なやり方があったりする場合が多いです。

そういった現場のリアルな技術を学ぶことで、現場ですぐに通用する力を身につけることができます。

また、他スクールでは動画教材が主ですが、RaiseTechではオンライン講座と課題をこなす自習形式の併用となっています。

動画教材は段々と情報が古くなっていきますが、オンライン講座形式とすることで、現場についての小話や常に新鮮な情報を得られます。

現場主義の考えが徹底されています。

圧倒的サポート

何より1番すごいのが、受講が終了した後も無期限でサポートが受けられる点です。ここまでやっているのはRaiseTechだけではないでしょうか。

サポート内容は以下の通りです。

・どんな内容でも無制限でチャットや通話で質問できる。
技術的なことはもちろんのこと、キャリアの相談や人生相談まで聞いてくれます。例えば、IT業界では客先に常駐という形が多く、自社の人とのつながりは希薄になりやすいため、技術的なことをすぐに聞ける相手がいないという場合も多いです。
受講が終了してからも、現場の技術的なことやキャリアアップのために相談できるのは非常に心強いです。

・補講、動画教材の提供で常に更新される現場のレベルに対応
現場で必要となることはもれなく教えてくれます。基本的にはグループでのオンライン講義ですが、必要に応じてマンツーマンで補講してもらうことも可能です。
オンライン講義は録画されているので後から視聴することも可能です。

・受講生同士のコミュニティに参加できる
コミュニティで受講生同士や、講師とコミュニケーションがいつでもとれます。同じ目標を持つ仲間とつながることで、切磋琢磨してモチベーションを上げることができます。

・転職支援や案件獲得も無期限サポート
書類の添削や面談のコツなどをサポートしてくれます。意思がある限り、結果が出るまでしっかりとサポートを受けられます。他社の転職エージェントなどと併用しても問題ありません。

・完全リモートでの学習可能
講義や質疑応答など全てリモートで完結できます。通う必要がなく家でできるので、本業の仕事をやりながらでも勉強しやすいです。
説明会もリモートで参加できますよ。

\毎週実施しているよ/
無料説明会に参加する!!

RaiseTechのデメリット

デメリットについても触れておきます。

受け身の姿勢では置いていかれる

個別指導のような感覚で、手取り足取り教えてもらとうと思っている人は置いていかれます。

RaiseTechでは参加条件として、期間内(4ヶ月)で学習時間300時間程度を確保できることがあります。これは、1ヶ月で75時間=1日2.5時間の計算になります。

つまり講義以外に勉強時間を多く割く必要があります。1日2.5時間と聞くとけっこうハードですよね。

RaiseTechでは現場で必要となる自走力をつけることを目的としているため、講師も直接答えを教えるのではなく、答えにつながるヒントを教えてくれたりします。

あくまで自分で考えて答えを見つけていくということですね。

そのため、すぐに諦めてしまうような人には向いていません。

未経験の人には難しい内容も多いですが、サポート体制は整っています。

質問はし放題なので、本気でエンジニアを目指す人にとってはこれ以上の環境はありません。

お値段高め

AWSフルコースが約40万円(早割10%OFF時)とけっこうなお値段です。

高いのでためらっちゃいますよね。

ですが、有名なITスクールのプログラミングコースの値段と比較してもおよそ30万〜40万円ほどであまり変わりません。そもそもAWSをがっつり学べるスクール自体が他にないので比較が難しいですね。

大事なのは、金額に見合った内容かどうかです。

前述の通り、講義終了後も自分が望む限り半永久的にサポートしてくれます。

エンジニア人生を歩むにあたり、今後ずっとサポートしてくれる相談相手がいるのはとても心強いですね。

そう考えるとむしろ安いくらいではないでしょうか。

しっかり学んで稼げるエンジニアになれれば、月単価80万円くらいはいけるので十分に元はとれます。

転職活動はDODAがおすすめ

転職活動には転職エージェントのDODAがおすすめです。

業界最大級の案件数があり、未経験からでも見つかりやすいです。

RaiseTechの転職支援と併用していくのをおすすめします。

ITエンジニアになるには、企業に就職するかフリーランスになるかという選択肢がありますが、未経験からであればいったんIT企業に就職することをおすすめします。

1年から2年くらいの実績があったほうが、フリーランスとして受注できる案件の幅が広がります。

並行して、AWSの資格や、Linuxの資格なども積極的に取得してアピールしていくといいですよ。

インフラエンジニアにおすすめの資格、初心者はまずこの資格から
インフラエンジニアにおすすめの資格を紹介します。 新米エンジニアの人や、インフラエンジニアを目指している初心者の人は、レベルアップのためにIT資格の取得を考えている人も多いのではないでしょうか。 しかし、一口にインフラエンジニアといって...

すぐに行動して、稼げるエンジニアになろう

近年IT業界ではエンジニアが不足していると言われていますが、だからといってエンジニアになれば誰でも引く手数多かというと、そういうわけではありません。

現場で通用する技術力を持ったエンジニアでなければ、稼げるエンジニアにはなれません。

せっかくスクールで勉強しても、AWSの表面的な操作を習っただけで結局就職できなかったら困りますよね。

RaiseTechであれば、圧倒的な現場主義で使える知識をつけて、稼げるエンジニアになることができます。

行動しなければ何も変わりません。

また、過ぎた時間は戻りません。

勉強のためのお金は掛かりますが、しっかり学んで転職すれば十分回収できます。

転職を実現できるのは行動した人だけです。

すぐに行動していきましょう!!

RaiseTechの無料説明会に参加する

コメント

タイトルとURLをコピーしました