IT資格で初心者におすすめのもの

資格

IT資格のうち初心者におすすめの資格を紹介します。

ITエンジニアの人や、エンジニアを目指している初心者の人は、レベルアップのためにIT資格の取得を考えている人も多いのではないでしょうか。

しかし、ITエンジニアという職種はとても幅広く、資格についても多種多様なものが存在しています。

ここでは、IT資格のうち特に初心者におすすめのものを中心に紹介していきます。

自分は現役のインフラエンジニアで、AWS関連の資格や基本情報技術者試験などを取得しています。

プログラムは全くできないので、インフラ寄りの目線にはなりますが参考になればうれしいです。

IT基礎知識の資格

IT基礎知識の資格

どの系統のITエンジニアでも共通して必要となる、ITの基礎知識を問われる系の資格です。

初心者はまずはこちらの資格から挑戦していくのがおすすめです。

ITパスポート試験

ITの入門レベルの知識が問われる国家試験です。

IT系の資格試験の中でも難易度は易しいレベルと言われています。

まだ歴の浅い学生さんはここから入って、さらに上の資格へとステップアップしていくのがおすすめです。

 ITパスポート試験に合格するための勉強方法はこちら

ITパスポートの勉強方法、初心者におすすめ教材の紹介
こちらページでは、ITパスポートの勉強方法で、特に初心者へおすすめなものを紹介します。 ITパスポートの勉強を進めていて、以下のような問題にぶち当たっていませんか。 IT知識が難しくすぎて、なかなか覚えられない どうやって勉強...

ITパスポート試験は入門レベルなため、合格したとしてもエンジニアとしてはほとんどアピールにはなりません。

すでにエンジニアとして働いている人や、エンジニアに転職を考えている人は時間とお金がもったいないので、ITパスポートは飛ばして次に紹介する基本情報技術者試験から始めたほうがいいです。

基本情報技術者試験

ITパスポートのひとつ上のレベルの国家試験です。

ITの基礎知識について問われます。難易度も上がって、合格率は40%程度です。IT系の初学者にとってはけっこう難しく感じるでしょう。

この資格はとっておいて損はないと思います。

勉強範囲がかなり広いので、エンジニアになってから使うことのないような分野もあるものの、覚えておくべきITの基礎知識がたくさん出てきます。

よく基本情報の資格を取得しても全然意味ない、役に立たないという人もいますが、多くの企業で合格すると資格奨励金が出たり、昇給するために資格取得が必須だったりするところもあります。

会社で基本情報の資格取得を奨励しているところは多い印象です。

専門的な資格に行く前に、まずはこの資格を取ってから次に進むのがいいですよ。

基本情報技術者試験の勉強法の紹介、社会人向けのおすすめ勉強法
基本情報技術者試験の勉強法を紹介します。特に社会人の方を対象として説明します。 基本情報技術者試験の受験を考えている社会人の皆さんは、以下のような疑問を持っているのではないでしょうか。 基本情報技術者試験の効率的な勉...

AWS資格

最近の流行りといえばクラウドサービスです。IT業界でクラウドはとても需要が高いです。

そんなクラウドサービスで世界一のシェアを誇るのが、Amazonが提供するAWSです。

日本においてもAWSを検討・導入する企業がとても多く、クラウドの知識を有したエンジニアが重宝されています。

プログラマーもいいですが、今からエンジニアを目指すならクラウドエンジニアもおすすめですよ。

AWS クラウドプラクティショナー

AWSの資格の中で、基礎・入門レベルの資格です。

AWS歴がなくても、エンジニア歴がそれなりにある人はさくっと合格できちゃうかと思います。

そういう人は、こちらの資格は飛ばして中級レベルからチャレンジしたほうがよいです。受験料も高いですからね。

AWS未経験かつ、新人エンジニア(IT未経験)というような人は、ここから頑張ってみましょう。

AWSクラウドプラクティショナー勉強方法と教材のおすすめ紹介
こちらのページでは、AWS初心者がAWS認定クラウドプラクティショナーの資格試験に合格するための勉強方法と、おすすめの教材について紹介します。 このページをご覧の方は、以下のような疑問を持っているのではないでしょうか。 AWSクラ...

AWS ソリューションアーキテクト アソシエイト(SAA)

AWSの中級レベルの資格で、主にAWSサービスで効率的にシステムの設計や構築、または提案ができる知識が求められます。

幅広い知識が求められ、クラウドプラクティショナーと比較するとレベルはぐっと上がります。IT未経験だとけっこう苦戦するかと思います。

なぜならば、IT系の基礎知識(特にネットワーク系)が必須だからです。

クラウドサービスだろうが、土台部分はITインフラと結局同じです。サーバやネットワークの知識は必須になります。

なので、IT未経験という人は上記で紹介した「ITパスポート試験」や「基本情報技術者試験」などでしっかりと勉強してから臨んだほうが無難です。

AWSのSAA-C02の最強コスパのおすすめ問題集
AWSの資格の中でも、SAA(ソリューションアーキテクトアソシエイト)を取得しようとしている方がたくさんいるかと思いますが、勉強を進めるにつれて以下のような問題にぶち当たる人が多いのではないでしょうか。   ・市販の参考書は問題数が少な...

AWS SysOpsアドミニストレーター アソシエイト(SOA)

AWSの中級レベルの資格で、主にシステムの管理・運用をメインとした知識が求められます。

AWSソリューションアーキテクトよりも簡単だという意見の人が多い印象です。先にソリューションアーキテクトを受けた方がすんなり合格できるかもしれません。

AWS sysopsの勉強方法と問題集のおすすめ
こちらのページでは、AWS認定 sysopsアドミニストレータ アソシエイトを受験する人を対象に、おすすめの勉強方法と問題集を紹介します。 受験を考えている人は以下のような疑問があるのではないでしょうか。 sysopsに合格するた...

Linux資格

LPIC level1

Linuxの代表的な資格がLPICです。Level1が初級レベルになります。

ITエンジニアと一口に言っても多くの職種に分類できますが、どの職種でもLinuxの知識は少なからず必要になってきます。

特にインフラエンジニアであれば、Linuxの知識は必須です。

IT未経験からLinuxをイチから覚えていくのはとても大変です。文字列(コマンド)だけで操作するというのは、初心者にとっては未知の領域で困難の連続ですよね。

以下の記事で、初心者におすすめの挫折しない勉強方法を紹介しています。

LPIC Level1の勉強方法、初心者におすすめの教材と勉強のコツ
LPIC Level1の勉強方法や、初心者におすすめの教材を紹介します。 エンジニアを目指すなら習得しておきたいのがLinuxの知識です。 LinuxはOSの種類のひとつで、業務用サーバに使われることが多く、エンジニアとしてやっていくな...

コメント

タイトルとURLをコピーしました