MacにLinux(CentOS)をインストールする手順

CentOS

このページでは、MacにLinuxをインストールする手順を紹介します。

Linux環境を触ってみたいという初心者を対象として、構築手順を説明します。

内容はMacのPCで仮想化ソフトウェア(VirtualBox)を使用し、LinuxのCentOSをインストールして、仮想サーバを構築します。

費用は特に掛かりません、無料でできます。

こちらの手順でLinux環境を用意すれば、以下のようなことができるようになります。

  • Linuxのコマンド操作の練習
  • Linuxサーバ構築の練習
  • シェルスクリプトの練習

MacにLinuxをインストール(CentOS)

今回自分が実施した環境は以下の通りです。

・仮想化ソフトウェア
 VirtualBox 6.1.22

・ホストマシン
 PC: imac (21.5-inch late 2013)
 OS: macOS 10.15.7

・ゲストマシン
 OS:CentOS 8.4.2105

※VirtualBoxとCentOSは実施時の最新バージョンです。

構築手順

1. VirtualBoxのインストール

以下の手順にて仮想化ソフトウェアのVirtualBoxを、Macにインストールします。

・以下のサイトにアクセスする
https://www.virtualbox.org

・画面中央の「Download VirtualBox6.1」をクリックする。

・「OS X hosts」をクリックする。

・「ダウンロードを許可しますか」というメッセージが出るので、許可をクリックする。
 →ダウンロードが完了するまで待つ。

・ダウンロードしたインストーラーをダブルクリックする。

・「VirtualBox.pkg」をダブルクリックする。

・「続ける」をクリックする。

・「続ける」をクリックする。

・「インストール」をクリックする。

・自分のPCのユーザとパスワードを入力し、「ソフトウェアをインストール」をクリックする。

・インストールが完了しましたと表示されるので、「閉じる」をクリックする。

・インフトーラをゴミ箱に入れるか聞かれるので、「ゴミ箱にいれる」をクリックする。

・アプリケーションからVirtualBoxのアイコンをクリックする。

・起動して、以下の画面が表示されたことを確認する。

2. CentOSのインストール用ISOファイルのダウンロード

・以下の公式サイトにアクセスする。
https://www.centos.org

・メニューバーの「Download」をクリックする。

・「CentOS Linux」の、「8(2015)」タブの「x86_64」をクリックする。

※CentOS LinuxとCentOS Streamの違いは?
詳しい違いについては他のサイトで色々説明がでているので、そちらを参照ください。結論としてどちらを選べばよいかというと、ローカル環境で勉強用にインストールするだけならどちらでも大差はないです。

※ISOとは?
CDやDVDの中身を一つにまとめたファイルで拡張子は.isoです。ISOイメージファイルともいいます。VirtualBoxなどの仮想化ソフトにて、仮想ドライブにISOイメージファイルをセットすれば、実際にDVDディスクを挿入した時のように読み書きができます。今回はCentOSのインストール用のISOイメージファイルをダウンロードします。

※x86_64とARM64とIBM Powerの違いは?
CPUの種類です。x86_64を選択すれば大丈夫です。

・The following mirrors in your region …のところから、ミラーサイトのリンクをどれでもいいのでクリックする。

※ミラーサイトとは?
負荷分散などの目的で、本サイトと同一情報を保持しているサイトのこと。CentOSのインストールメディアは、世界中にある多数のミラーサイトからダウンロードすることができます。上記の手順では、地理的に近い日本のミラーサイト(赤枠内)を選択する手順としています。

・「CentOS-8.4.2105-x86_64-dvd1.iso」をクリックする。
 ※どのミラーサイトでも、「〜dvd1.iso」のファイルが選択すればOKです。

・「ダウンロードを許可しますか?」と聞かれるので、許可をクリックする。
→サイズが大きいのでダウンロードには時間が掛かります。各自のネットワーク環境により所要時間は変わります。自分は数時間掛かりました。

3. 新規仮想マシンの作成

以下の手順にて、仮想化ソフトウェアのVirtualBoxで新規仮想マシンを作成します。

・VirtualBoxを起動して、右上の「新規」をクリックする。

・以下を入力して、作成をクリックする。

 名前      :centos8(どんな名前でもOK)
 マシンフォルダー:(デフォルトのままでOK)
 タイプ     :Linux
 バージョン   :Red Hat(64-bit)
 メモリサイズ  :1536MB
 ハードディスク :仮想ハードディスクを作成する

※メモリはCentOS 8 の最低要件である「1536MB(1.5GB)」としています。ホストマシン(Mac PC)のメモリが少ない人は、1024MB(1GB)でもとりあえず大丈夫です。

・以下を入力して、作成をクリックする。

 ファイルの場所:(デフォルトのままでOK)
 ファイルサイズ:11GB
 ハードディスクのファイルタイプ:VDI
 物理ハードディスクにあるストレージ:可変サイズ

※ファイルサイズ(ディスクサイズ)は、CentOS8の最低要件である10GB、プラスSWAP領域分で11GBとしています。
※ハードディスクのファイルタイプは、特別な要件がない限りVDIでOKです。
※物理ハードディスクにあるストレージは、可変のほうが効率的なのでこちらを選択。

・仮想マシン「centos8」が作成されたこと。

4. 仮想マシンにCentOS8をインストール

・作成した仮想マシンを選択した状態で、メニューバーから設定をクリックする

・ストレージをクリックし、左側のボックス内の「コントローラー: IDE」の「空」を選択して、画面右側の光学ドライブの右端にあるディスクマークから、「仮想光学ディスクの選択/作成」をクリックする。

・ダウンロードしたCentOSのisoファイルを選択し、選択ボタンをクリックする。

・「コントローラー: IDE」にCentOSのisoファイルがセットされたことを確認し、OKボタンをクリックする。

・centos8の仮想マシンが選択された状態で、起動をクリックする。

・以下の画面が表示されたら、tabキーをクリックする。

・以下の変更後のように修正してエンターをクリックする。
→rd.live.checkを削除、resolution=1360×768を追記

変更前:
vmlinuz initrd=initrd.img inst.stage2=hd:LABEL=CentOSx207x20x86_64 rd.live.check quiet
変更後:
vmlinuz inited=initrd.img inst.stage2=hd:LABEL=CentOSx207x20x86_64 quiet resolution=1360×768

※注意事項として、英語キーボードの設定になっており「= (イコール)」を入力する際に別の文字が入力されてしまう可能性があります。日本語キーボードで、^を入力すれば=が入力されます。

・VirtualBoxのインストール画面内にマウスポインタを持ってきてエンターをクリックし、Captarをクリックする。
→クリックすると、VirtualBoxの画面内にてマウス操作ができるようになります。逆にVirtualBoxの画面外(Mac上)の操作ができなくなります。キーボードの左コマンドキーを押すと元に戻れます。

・日本語を選択し「続行」ボタンをクリックする。

・インストール先をクリックする。

・そのまま何も変更せずに、完了ボタンをクリックする。

・ソフトウェアの選択をクリックする。

・最小限のインストールを選択し、完了ボタンをクリックする。
→今回は、CUIでのコマンド操作を考えているため「最小限のインストール」を選択しています。GUIにしたい人は「サーバー(GUI使用)」を選択してください。

・rootパスワードをクリックする。

・パスワードを入力し、完了ボタンをクリックする。
→rootとは、何でも実行できる管理者権限のユーザです。パスワードを忘れないようにしましょう。

・ユーザ作成をクリックする。

・ユーザ名とパスワードを入力し、完了ボタンをクリックする。
→作業用のユーザを作成しています。パスワードを忘れないようにしましょう。rootユーザでログインして作業もできるため必須ではないですが、普段は別途作業用のユーザを使用するのが一般的です。

・「時刻と日付」をクリックする。

・アジア、東京を選択し、完了ボタンをクリックする。

・インストールの開始をクリックする。

・インストールが完了したら、システムの再起動をクリックする。

・再起動されて、以下のようなサーバへのログイン画面が表示されれば完了です。

ログインしたいユーザとパスワードを入力すればログインできます。

なお、パスワードの入力時は文字列が表示されません。キーボードを叩けば入力はできているので、パスワード文字列を入力できたらエンターを押せばOKです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました