ITパスポートの勉強方法、初心者におすすめの動画講座

資格

こちらのページでは、ITパスポートの勉強方法のうち初心者におすすめのものを紹介します。

IT未経験の初心者で、ITパスポート試験の受験を考えている人は、以下のような悩みを持っているのではないでしょうか。

  • IT知識が難しくてよく分からない
  • 合格するための効率的な勉強方法を知りたい

ITパスポート試験はIT系の資格の中では簡単な部類に入りますが、コンピュータを専門的に勉強したことがない初心者の人にとっては、難しく感じるかと思います。

IT用語とか、似たようなアルファベットの単語がたくさん出てくるし、覚えられないですよねえ。

そんなみなさんを対象に、初心者がITパスポートに合格するためのおすすめ勉強方法について紹介します。

27歳でIT未経験からエンジニアに転職した自分の経験なども踏まえて、役に立つ情報をお教えします。

本記事は5分ほどで読めるので、ぜひ最後まで読んでもらえるとうれしいです。

エンジニアを目指している人は、こちらの記事もおすすめです。
プログラマーより簡単!?未経験からAWSエンジニアになるには。

AWSエンジニアに未経験から転職する方法
こちらのページでは、AWSエンジニアに未経験から転職する方法を紹介します。 IT未経験からAWSエンジニアに転職を考えている人は、以下のような疑問があるのではないでしょうか。 AWSエンジニアの年収は IT未経験でもなれるの ...

ITパスポートの勉強方法のうち、初心者には動画講座がおすすめ

勉強するためのツールは、動画講座がおすすめです。

資格試験の参考書や、Webサイト、スクールなどの勉強方法がありますが、初心者には動画講座をおすすめします。

動画講座は参考書で勉強するのと比べて、記憶しやいという効果が期待できます。

なぜならば、図解を見ながら説明を聞くことで、黙読するよりも多くの感覚を使用し、脳を刺激することで記憶しやすくなります。

また動画講座はスクールと比べると価格が安いのが特徴です。

動画講座であれば以下のUdemyの講座がおすすめです。


ITパスポート最速合格コース ~効率的な学習で0から合格まで~

Udemyは世界最大級のオンライン学習プラットフォームで、様々な講座を購入して受講することができます。

無料のユーザ登録をするだけで、すぐに始められますよ。

上記の講座は、UdemyのITパスポートの講座の中で一番評価が高いです。

実際にやってみたところ図やイラストを多用しており、初心者でも理解しやすいよう工夫されています。

また、項目ごとに動画は細かく分かれており、長くても10分なのですきま時間を使ってスマホで効率的に勉強をすすめられるのがうれしいです。

評価と口コミは以下の通りです。

評価:
4.4点/5.0満点中(2021/10/12時点)

口コミ:

自分はエンジニアではないのですが、この講座を受講して無事合格できました。

タイトルの通り試験合格まで効率的に学習できる内容だと思います。 自分の学習時間は10日ほどで、通勤時間や帰宅後に集中的に繰り返し動画を見ました。

試験5日ほど前からは過去問3年分をひたすら(試験の直前まで)解き、+αの知識の習得と動画で学んだ知識定着させました。その他参考書などは購入していません。

受験日の都合上、直前から学習開始となってしまったため合格できるか不安でしたが、この講座を信じて結果的に集中して効率よく合格することができました! 他のコースも受講したいと思います。ありがとうございました。

まったく初心者の方には大変親切なコースです。参考書などを読んでも頭に入ってこない私でしたが、このコースで全体を把握できました。

ただ、このコースだけで完全にすべてを理解できるわけではないため、しっかりと知識を持ちたい方はプラスで参考書を一冊購入することをおすすめします。

重要!!
講座はセール時に購入するととてもお得です。
Udemyでは月に2度くらいのペースで頻繁にセールを実施しています。セール時は驚くほど安く、80%OFFなどで購入することができます。欲しい講座はセール時にまとめて購入しましょう。

ITパスポートの具体的な勉強方法

ITパスポートの詳しい勉強方法について具体的に説明します。

試験の予定をたてる

ITパスポートは、3ヶ月先まで受験日を予約できます。

自信がついてから申し込もうと思っていると、試験会場が定員いっぱいだったり、だらだらと先延ばしにしてしまったりする可能性もあります。

そのため、先に試験日を決めて申し込んでしまうことをおすすめします。

個人差もあるのであくまで目安ですが、初心者であれば100時間くらいの勉強時間が必要と言われています。初心者はおよそ2ヶ月先で、試験を申し込んでしまいましょう。

申し込みができたらあとはやるだけです!

どんどん行動していきましょう。

動画講座や参考書で勉強する(インプット中心)

勉強開始から1ヶ月間は動画講座や参考書などを使い、インプット中心で勉強していきましょう。

分からない単語は調べたりしながら、地道にすすめてください。

おすすめの動画講座については上記ですでに紹介した通りです。参考書であれば初心者には以下のものがおすすめです。

【令和3年度】 いちばんやさしいITパスポート 絶対合格の教科書 出る順問題集

IT知識のない未経験者でもわかるように、イラストを豊富に用いてとにかく丁寧に解説されています。

問題集を解きまくる(アウトプット中心)

参考書などを一通り終えたら、たくさん問題を解いて知識を定着させていきます。

特に間違えた問題は絶対にあとで解き直すようにしましょう。

問題練習は以下の過去問サイトがおすすめです。無料で利用できます。

ITパスポート過去問道場

ユーザ登録(無料)をすると、間違えた問題のみを復習したりする機能が使えるようになります。非常に便利なのでユーザ登録をして利用することをおすすめします。

スマホでも利用できるので、スキマ時間を利用して問題練習ができます。

模擬試験で実際の試験を想定した練習をする

1度は本番を想定した模擬試験を実施しましょう。

本試験では試験時間120分で問題数100問を解きます。単純計算だと1問を72秒で答えていく必要があります。

実際に模擬試験をやってみると思ってたより時間がぎりぎりだなとか、時間感覚がある程度分かります。

特に読解力や計算問題に不安がある人は、時間配分について考慮しておく必要があります。

模擬試験を実施して、しっかりと準備しておきましょう。

なお上記で紹介した過去問サイトで、模擬試験形式の練習ができますよ。

合格するための効果的な勉強方法

インプットとアウトプット

動画講座などのインプットと、問題集を解くアウトプットをバランスよく実際しましょう。

どちらが欠けてもダメです。

先に参考書などでインプットをしたら、知識を定着させていくために問題集を解いてアウトプットをしていきます。

参考書を読み込んでいるだけではなかなか覚えらづらいです。問題を解くことで少しずつ知識が定着します。覚えたつもりにならないように気をつけましょう。

初心者の場合はインプットの作業が多く必要になります。およそインプットとアウトプットは7:3くらいがよいかと思います。

いきなり全てを理解しようとしない

ITの知識は初心者にとってはかなり難しい内容も多く含んでいます。

IT用語を調べると、その説明文にさらに分からない単語が出てきて、その単語を調べるとまた知らない単語が、、、

みたいなことがザラにあります。

いきなり全てを理解するのは難しいので、まずはざっくりとした理解で次に進んでいくのがおすすめです。

勉強を進めていくと、知識が補完されてあれはこういうことだったのか、と分かるようになったりすることもあります。

それでも分からない部分は後で読み返したりして、少しずつ知識を定着させていきましょう。

何度も繰り返して思い出す

知識を記憶に定着させるためには、何度も繰り返して思い出すことが有効といわれています。

特に間違えた問題などはしっかりと解説を読んで、次の日に解いたりすることで思い出すという行為により、段々と長期記憶に定着させていくことができます。

忘れそうになりそうなくらいで、もう一度やるのがコツです。

声に出して読む

こちらも暗記するコツです。

声に出して読むと、口を動かし耳で聞くことで、目で見るだけの時よりも、たくさんの機能を使うことにより記憶しやすくなります。

先に紹介した、参考書より動画講座がおすすめなのと同じ理由です。

また、耳栓をしてささやき声で読むと、自分の声が頭の中に響くので、より集中しやすいです。

小さな目標をクリアしていくことでモチベーションアップ

知識を覚えるのも大変ですが、意外と一番大変なのが勉強のモチベーション維持ではないでしょうか。

いきなり毎日2時間勉強するという目標を掲げても、三日坊主で終わってしまうことも多いですよね。

初めは、15分勉強する、問題を3問解くなど、簡単にクリアできるような小さな目標をたてて、それをクリアしていく達成感でモチベーションを維持していく方法がおすすめです。

少しずつステップアップしていきましょう。

ITパスポートの難易度と勉強時間

ITパスポート試験は、IPA(情報処理推進機構)が運営する試験の中でも、難易度の低いランクに位置付けられています。

なぜなら、ITパスポートの内容はITを利用する、全ての社会人が備えておくべき基礎的な知識を証明する試験であり、ITエンジニアが必要とするより専門的な知識とは違います。

とはいえ、IT系の勉強をしてきていない初心者がいきなり受験して合格できるものではありません。初心者であれば勉強時間の目安として、100時間ほど必要と言われることが多いです。

合格率はおよそ50%〜60%程度です。

初心者におすすめの勉強方法については上記で説明した通りですが、独学で勉強するのは色々めんどくさいという人は、通信講座を使うのも選択肢としてありです。

教えるプロ集団による資格講座の教材は、資格についてよく研究されており、合格にむけて効果的に勉強できます。

以下のスタディングであれば、教材も全てオンラインであり、流れにそって勉強していくだけなので、余計なことを考えなくてよくて楽ちんです。

少し値段は高くなっても、効率よく短期間の合格を目指したい人にはおすすめです。

詳細はこちらの記事で紹介しています。

ITパスポートのオンライン講座のおすすめはこれ、受かる気がしない人へ
こちらの記事では、ITパスポートのオンライン講座の中で1番のおすすめを紹介します。 ITパスポートの受験を考えているみなさんは、以下のようなことを感じていませんか。 内容が難しすぎる 勉強方法がよく分からない 受かる気がし...

ITパスポートのメリット

・幅広いITの知識が身に付く
ITパスポートは業務に必要となるIT知識にとどまらず、現代においては必須ともいえる情報セキュリティに関する基礎知識や、企業コンプライアンスや、経営戦略・財務に関する知識など、社会人にとって必要になるであろう幅広い知識を身につけることができます。

・就職で役立つ国家試験
今やほとんどの仕事はITと関わっているといってもいいのではないでしょうか。企業側もIT知識をもった人材を求めており、ITパスポート試験は就職の際に評価される指標のひとつとなっています。合格すれば自らの知識を証明し、アピールすることができます。合格するためにどんどん行動していきましょう。

ITパスポート試験に合格できたら、さらに上の資格にステップアップすれば、資格手当を出している会社も多いです。

ITエンジニアにおすすめの資格については以下の記事にまとめてみました。
ITパスポートの次に狙うべき資格は?

インフラエンジニアにおすすめの資格、初心者はまずこの資格から
インフラエンジニアにおすすめの資格を紹介します。 新米エンジニアの人や、インフラエンジニアを目指している初心者の人は、レベルアップのためにIT資格の取得を考えている人も多いのではないでしょうか。 しかし、一口にインフラエンジニアといって...

コメント

タイトルとURLをコピーしました