EBSスナップショットからのリストア方法について

EBSボリュームのスナップショットを取得しておけば、いざという時にリストアができます。
EBSスナップショットの取得方法はこちらを参照

【同一EC2にてEBSの差し替え】

流れはスナップショットからボリュームを作成し、
EC2を停止後に既存ボリュームをデタッチ、
新規ボリュームをアタッチしてEC2を起動となります。
 
EC2インスタンスはいったん停止する必要があります。
 
詳細手順は以下のページが参考となりました。

【スナップショットから一部ファイルをリストア】

流れはスナップショットからボリュームを作成し、
作成したボリュームをEC2にアタッチ、
OS上にてマウントし、必要なファイルを抽出となります。
 
EC2インスタンスは停止不要です。
 
詳細手順は以下のページを参照してください。
(Linuxの場合)
 
(Windowsの場合)
スポンサーリンク
勉強wikiの下部広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
勉強wikiの下部広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA