Windows Server2016でSFTPを使う(OpenSSHの導入)

Windows Server 2016 でSSHを使用する方法として、OpenSSHの導入があります。
Windows Server2016にOpenSSHを導入する手順を紹介します。なお、Windows  Server 2019からはOpenSSHを公式サポートしており、簡単に導入できるようになっています。そちらはまた別の機会にご紹介します。
 
【OpenSSHの導入準備】

まずは以下のページからOpenSSHをダウンロードしてきます。

https://github.com/PowerShell/Win32-OpenSSH/releases

導入したいバージョンの「OpenSSH-Win32.zip」もしくは「OpenSSH-Win64.zip」をダウンロードしてください。

※お使いの環境に応じて32ビット版か64ビット版を選択してください。

【OpenSSHの導入手順】
・ダウンロードファイルの格納とインストール
例)C:¥Program Files¥OpenSSHに格納
 
PowerShellを管理者権限で起動し、以下のコマンドを実行する
cd “C:¥Program Files¥OpenSSH”
install-sshd.ps1
 
「successfully installed」のメッセージが表示されたこと。
 
・自動起動設定
サービスを開き下記サービスの起動設定を自動に変えて、OS起動時に自動的に起動するようにする。
OpenSSH SSH Servere
OpenSSH Authentication Agent
 
 
【sshd_configの設定】
(作成中)
 
【Pathの設定】
サーバ上でsshやscpコマンドを実行する際に、Pathが通っていないとフルパスで実行する必要があり面倒なので、Path設定をしておいたほうが楽ちんです。
 
システムのプロパティから詳細設定タブの「環境変数」ボタンをクリックする。
[Path]を選択して「編集」ボタンをクリックする。
「新規」ボタンをクリックし、OpneSSHの格納パスを追記してOKを押す。
スポンサーリンク
勉強wikiの下部広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
勉強wikiの下部広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA