Windows Server 2016の初期設定いろいろ

Windows Server 2016をインストール後によくやる初期設定についてまとめました。
 
・日本語化の手順
こちらを参照
https://www.ipentec.com/document/windows-change-gui-language-in-windows-server-2016 

・コンピュータ名の変更
Windowsキーを右クリックし「システム」を選択

左側の「システムの詳細設定」を選択

コンピュータ名タグを選択し、変更をクリックしたらコンピュータ名に変更したい名前を入れてOKをクリック
 
・パスワードの複雑性の解除
Windowsキー横の虫めがねをクリックし「gpedit.msc」と入力しエンター

左ペインから、「ローカルコンピュータポリシー」「コンピュータの構成」「Windowsの設定」「セキュリティの設定」「アカウントポリシー」「パスワードのポリシー」をクリック

「複雑さの要件を満たす必要があるパスワード」をダブルクリック

無効を選択し「OK」をクリック
 
・Administratorユーザのパスワード変更
コントロールパネル、ユーザアカウントのアカウント種類の変更

Administratorユーザをクリックし、パスワードの変更をクリック
パスワードを変更する
 
・拡張子の表示
エクスプローラ画面を表示させて、表示メニューをクリックし、画面上部の「ファイル名拡張子」にチェックをいれる
 
・リモートデスクトップの許可
Windowsキーを右クリックして「システム」を選択

左側から「システムの詳細設定」を選択

リモートタグを選択し「このコンピュータへのリモート接続を許可する」
 
・ファイアウォールの無効化
内部ネットワークに閉じた環境の場合、ファイアウォールを無効化する場合もあります。
 
コントロールパネル、システムセキュリティ、windowsファイアウォールを選択

左メニューの詳細設定をクリック

ローカルコンピュータのセキュリティを右クリックし「プロパティ」をクリック

ドメインプロファイルタブのファイアウォールの状態を「無効」に変更する。プライベートプロファイルタブ、パブリックプロファイルタブも同じように「無効」にする。
 
・NTPクライアント設定
windowsキーを右クリックして「ファイル名を指定して実行」を開き「gpedit.msc」と入力しエンター。

左ペインから「コンピュータの構成」「管理用テンプレート」「システム」「windowsタイムサービス」「タイムプロバイダー」をクリック。

「windows NTPクライアントを有効にする」をダブルクリックし「有効」にチェックを入れて「適用」をクリックし、OKで閉じる。

「windowsNTPクライアントを構成する」をダブルクリックし、NtpServerの欄に同期したいNTPサーバのIPアドレス、もしくはホスト名を記載しOKを押す。

windowsキーを押し、サーバーマネージャーを開く

右上の「Tools」「Services」をクリック

「Windows Time」を右クリックし「再起動」を選択

スポンサーリンク
勉強wikiの下部広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
勉強wikiの下部広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA