VMware SRMとは

【VMware SRMとは】
VMWare Site Recovery Manager。vSphere基盤上の仮装マシンに対し、被災時にシステム復旧の自動化を実現する。
 
 
【VMware SRMの特徴】
・事前に災対環境へのサイト切替え手順を定義しておくことで、数クリックで簡単にかつ迅速に切替えることができる
・切替えテスト機能により、現行システムとは隔離されたネットワークにて現行システムへの影響なしに切替えテストを実施できる
・vSphere Web Clientから管理できる
 
 
【実現方式】
アレイベースとホストベースのレプリケーション方式がある
 
・アレイベース
ストレージのレプリケーション機能を使用する方式。そのため本番サイトと切替先サイトで同一のストレージを使用する必要がある。アレイベースだとフェイルバックの自動化もできる。
 
・ホストベース
ESXiサーバ自身がレプリカを作りデータをとばす。「vSphere Replication」と呼ばれる。
 

【仕様の詳細】
・事前に本番サイトのリソースと切り替え先のリソースをマッピングしておく
 
・保護グループごとにリカバリプランを設定する
※保護グループは切り替え対象のサーバをグループ化したもの
 
・切り替え方式には計画移行と災害復旧がある
 
・再保護してからでないとフォールバックできない。再保護すると災対側から元々の本番環境にむけて同期が開始され、切り戻す準備が整う。
スポンサーリンク
勉強wikiの下部広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
勉強wikiの下部広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA