systemctlによるサービス起動停止など

redhat7(centos7)から一部を除きsystemdでサービスが管理されるよう仕様が変わった。そのためchkconfigコマンドで実施していたサービス管理が、systemctlコマンドに変わっている。一応chkconfigコマンドも引き続き使用できるが、systemctlを覚えたほうがよい。
 
【サービス一覧表示】
systemctl list-unit-files -t service
(chkconfig —list)
 
ステータスの意味
enable  自動起動設定が有効
disable  自動起動設定が無効
static   単体では自動起動できないサービ
 
【特定サービスの設定状況の確認】
systemctl is-enabled (サービス名).service
(chkconfig —list (サービス名))
※.serviceは省略可能

【サービスの自動起動設定
systemctl enable (サービス名)
(chkconfig (サービス名) on)
 
【サービスの自動起動解除
systemctl disable (サービス名)
(chkconfig (サービス名) off)
 
【サービス起動】
systemctl start (サービス名)
(service (サービス名) start)
  
【サービス停止】
systemctl stop (サービス名)
(service (サービス名) stop)
 
【サービスのステータス確認】
systemctl status (サービス名)
 

スポンサーリンク
勉強wikiの下部広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
勉強wikiの下部広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA