WASの起動・停止

WASの起動停止をする際にWASの各プロセスの起動停止の順序を考慮する必要がある。またIHSとの順序性も重要なので記載する。
 
一般的に起動はバックエンドシステムから起動し、停止はフロントエンドシステムから停止する。
 
起動
1. デプロイメントマネージャー
2. ノードエージェント
3. アプリケーションサーバ
4. IHS
 
停止
1. IHS
2. アプリケーションサーバ
3. ノードエージェント
4. デプロイメントマネージャー
 
 
【デプロイメントマネージャー】
起動コマンド
<DM_PROFILE_ROOT>/bin/startManager.sh

停止コマンド
<DM_PROFILE_ROOT>/bin/stopManager.sh [ -user <管理ユーザー名> -password <パスワード> ] ※管理セキュリティー機能を有効化している場合は、プロセス停止の際にユーザ名とパスワードをが必要となる。
 
 
【ノードエージェント】
起動コマンド
<CUSTOM_PROFILE_ROOT>/bin/startNode.sh

停止コマンド
<CUSTOM_PROFILE_ROOT>/bin/stopNode.sh [ -user <管理ユーザー名> -password <パスワード> ] ※管理セキュリティー機能を有効化している場合は、プロセス停止の際にユーザ名とパスワードをが必要となる。
 
 
【アプリケーションサーバ】
起動コマンド
<CUSTOM_PROFILE_ROOT>/bin/startServer.sh <サーバー名>
 
停止コマンド
<CUSTOM_PROFILE_ROOT>/bin/stopServer.sh <サーバー名> [ -user <管理ユーザー名> -password <パスワード> ] ※管理セキュリティー機能を有効化している場合は、プロセス停止の際にユーザ名とパスワードをが必要となる。

スポンサーリンク
勉強wikiの下部広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
勉強wikiの下部広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA