WASとは

・Webspere Application Server(WAS)は IBMのアプリケーションサーバソフトウェア

・アプリケーションサーバソフトウェアとは、アプリケーションソフトウェアの実行を管理補助するミドルウェア。

・具体的にはWebサーバとデータベースの橋渡し役を担い、トランザクション管理、セッション管理、負荷分散、データベース接続、セキュリティなどの機能を提供する

・WASはアプリケーションサーバが提供する機能を標準化した「Java EE」と呼ばれる仕様に準拠している。
 
・そのためJava EEのバージョンが上がると、それに応じたWASの新しいバージョンが公開されていく。以下の対応表を参照

  WAS7.0 WAS8.0 WAS8.5 WAS9.0
Java EE 5 6 6(7) 7
Servlet 2.5 3.0 3.0 3.1
JSP 2.1 2.2 2.2 2.3
EJB 3.0 3.1 3.1 3.2
Java SE 6 6 6,7,8 8

・WASにはIHS(IBM HTTP Server)というWebサーバソフトウェアが同梱されている。

・IHSはApacheをベースにIBMが改良を加えたWebサーバソフトウェア

・WASと一緒に使用すればIHSのサポートもIBMから提供される

・WebサーバからWASへのリクエスト転送はWebサーバプラグインが行う

 

スポンサーリンク
勉強wikiの下部広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
勉強wikiの下部広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA