全体テスト計画書の目次例

1. 全体テスト計画の目的と位置づけ
2. テスト範囲
    (1)システム鳥瞰図
    (2)品質保証範囲
        (A)各テスト工程の品質保証範囲
          (a)UT
          (b)ITa
          (c)ITb
          (d)ST
          (e)UTA
       (B)各チームの担当範囲切り分け
       (C)サーバ範囲    ←インフラの担当保障サーバはどれ
3.テスト実施
    (1)実施方針
       (A)V字モデルを元にした検証
       (B)サブシステム定義     ←システム内、システム間の定義
       (C)各工程の相互関係  ←UTからUATまででシステム内のどの範囲の検証か示す
    (2)実施レベル              ←各テスト工程ごとのテスト大項目を並べる感じ
4.テストケース/シナリオ作成方針
    (1)テストケース、テストシナリオ、および確認項目の関係
       (A)概要  ←ケース、シナリオ番号の定義、番号の付け方
       (B)解説
5.開始完了基準
       ←各テスト工程ごと
6.テスト管理計画
    (1)テストスケジュールとマイルストーン
    (2)作成資料   ←各テスト工程ごと
    (3)体制と役割
    (4)会議体
7.テスト環境   ←いろんなチームがいろんな環境で同時期にテストをする時は考慮が必要
8.その他
    (1)各テスト工程の準備作業   ←FW申請とか
    (2)他システムへの協力依頼事項
    (3)特記事項

スポンサーリンク
勉強wikiの下部広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
勉強wikiの下部広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA