tarコマンドの色々な使い方

tarコマンドの基本的な使い方から、tarのアーカイブファイルから一部のディレクトリやファイルだけを取り出す方法など色々紹介。

 
【よく使うオプション】
-c  アーカイブを作成する
-v  処理したファイルの詳細を出力する
-f  アーカイブファイル名を指定する
-z  gzip形式(.gz)で圧縮する
-Z  compress形式(.Z)で圧縮する
-x  アーカイブファイルから展開する
-t   アーカイブの内容を一覧表示する
 
 
【基本的な使い方】
・アーカイブ作成

tar cvfz (出力ファイル名).tar.gz (アーカイブする対象)

※アーカイブ作成にオプションのc、fは必須。vやzは省略可能。
 
・展開

tar xvfz (アーカイブファイル名).tar.gz

※vは省略可能。アーカイブファイルが上記のようにgzで圧縮されている場合は、zオプションをつけて解凍と展開を同時にできる。
 
・アーカイブファイルの内容確認

tar tvf (アーカイブファイル名).tar.gz

※展開する前に必ず展開先がどこか確認すること!!展開先がフルパスなのかカレントなのか確認しておかないと痛い目を見ることがある。ちなみにオプションvをつけないとファイル名のみ出力、vをつけると権限やタイムスタンプも確認できる。またファイルが圧縮されていてもzオプションをつけずに中身の確認はできる。
 
 
【一部のみを展開する方法】
・tarファイルから一部を展開

tar xvf (アーカイブファイル名).tar (展開したいディレクトリやファイル)

※普通に後ろに展開したいディレクトリやファイルを指定するだけ。複数のディレクトリを戻したい場合はスペース区切りで引数を増やせばよい。
 
・tar.gz(圧縮ファイル)から一部を展開

gunzip -c (ファイル名).tar.gz | tar xvf – (展開したいディレクトリやファイル)

※gunzipを使わずtar xvfzでいけそうな気もするがうまくいかない。上記のようにするとうまくいく。パイプの右側のハイフンは左側の標準出力を受け取り、それに置き換わる。つまり今回だと(ファイル名).tarに置き換わってtarコマンドが実行される。gunzipに-cをつけないと、gunzipの結果として標準出力に何も出力せずtarコマンドが失敗するので-cを忘れずに。
 
 
【一部のディレクトリやファイルを除外してアーカイブする】

tar cvf file.tar –exclude=./log/test ./log

以下のようなディレクトリ構成で上記のコマンドを実行すると、./log/testはアーカイブから除外される。
./log
./log/test
./log/201804
./log/201805

スポンサーリンク
勉強wikiの下部広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
勉強wikiの下部広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA