シェルスクリプト練習問題(入門編)

初心者用にシェルスクリプトの練習問題を考えてみました。こちらは入門編です。正解例と解説はこちらのページを参照
http://g-network.boo.jp/wiki/2018/03/post-953/

 

シェル名 shell_nyumon_01.sh
処理内容 echoコマンドで「Hello   World」と表示させる。
※あいだに半角3文字分のスペースをいれること

※ポイント
1行目の記載方法
シェルの実行権限
 

シェル名 shell_nyumon_02.sh
処理内容

以下2つのlsコマンド(正常終了するパターンとエラー終了するパターン)をシェルで実行させ、両方の結果をshell_02.tmpに出力させること
ls -l
ls -l aaa

※ポイント
リダイレクト
標準出力とエラー出力
 

シェル名 shell_nyumon_03.sh
処理内容 実行日の日付(YYYYMMDDの形式)をコマンドで取得していったん変数DATEに代入し、その変数の値を表示する

※ポイント
変数代入
コマンド置換
dateコマンド
 

シェル名 shell_nyumon_04.sh
処理内容 シェルを実行した際に、引数付きで実行すると「引数あり」、引数なしで実行すると「引数なし」と表示されるようにする。またデバッグモードでもシェルを実行してみる

※ポイント
if文の書き方
特殊変数
デバッグモード
 

シェル名 shell_nyumon_05.sh
処理内容 ファイルのフルパスを引数で指定して、ファイルが存在したら「ファイルあり」と出力させ、存在しなかったら「ファイルなし」と出力させる

※ポイント
引数を使った処理(位置パラメータ)
条件式
 

シェル名 shell_nyumon_06.sh
処理内容 ファイルのパスを引数で指定して、そのファイルをlsして戻り値が0ならばls結果を表示して終了コード0で終了、戻り値が0以外だったら「エラー終了」と表示し、終了コード1で終了させる。

※ポイント
コマンドの戻り値
特殊変数
終了コード
 

シェル名 shell_nyumon_07.sh
処理内容 引数に1か2かそれ以外を与えてシェルを実行した際に、それぞれ以下のような処理をすること
引数が1 → 「引数は1です」と表示
引数が2 → 「引数は2です」と表示
引数がそれ以外 → 「正しい引数を入力してください」を表示
※case文を使うこと

※ポイント
case文の書き方
 

シェル名 shell_nyumon_08.sh
処理内容 引数に文字列を1つ以上与えて、ループ処理で全ての引数の文字列をechoで表示させる
※for文を使うこと

※ポイント
for文の書き方
特殊変数
 

シェル名 shell_nyumon_09.sh
処理内容 while文で3回ループさせて以下のように出力させる
(出力結果)
1回目
2回目
3回目

※ポイント
while文の書き方
インクリメント 
 

シェル名 shell_nyumon_10.sh
処理内容 while文を無限ループで実行し、3秒おきにdateコマンドを実行させる

※ポイント
while文の無限ループのやり方
sleepコマンド
 
 
次は初級編にチャレンジ!
http://g-network.boo.jp/wiki/2018/02/post-895/ 

スポンサーリンク
勉強wikiの下部広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
勉強wikiの下部広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA