テンプレート更新処理関数

大抵の場合はテンプレート済みのファイルを配置するか他言語で行う。(どうしてもシェルでやりたいニッチ向けの記事です。)

※envsubstコマンドのインストールが別途必要。gettextの付属コマンドなのでこっちでも可。

  POSIXの標準仕様外なので、最小インストール時は入っていない。

  • 関数

  • プロパティファイル

env-default.sh

  • テンプレートファイル

/etc/supervisor/supervisord.conf

/etc/supervisor/conf.d/nexus.conf

/etc/supervisor/conf.d/sshd.conf

UPDATE_TEMPLATE_MODEを「property」で動作させるメリットは、置換するプロパティをソースに明示できること。

大抵の場合は、「file」で良いと思います。parm1にディレクトリを指定するとディレクトリ配下のテンプレートファイルを検索して、テンプレート更新してくれるます。

実際使う時はデプロイ関数とセット使いが良いかも。

スポンサーリンク
勉強wikiの下部広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
勉強wikiの下部広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA