dumpコマンドでシステムバックアップ

①ディスク準備
・マウントポイントを作成
mkdir /systembackup
 
・バックアップ用ディスク(/dev/sdb1)をマウントする
mount -t ext4 /dev/sdb1 /systembackup
df /systembackup
 
②パーティション情報の取得
・マウント情報を取得
mount > /systembackup/mount.txt
 
・fstabの情報を取得
cat /etc/fstab > /systembackup/etc_fstab.txt
 
・ファイルシステム情報の取得
sfdisk -d /dev/sda > /systembackup/sfdisk-d.sda.txt
sfdisk -l /dev/sda > /systembackup/sfdisk-l.sda.txt
sfdisk -s /dev/sda > /systembackup/sfdisk-s.sda.txt
※/dev/sda以外のデバイスがある場合は同様に取得
 
・LVM情報の取得
vgdisplay > /systembackup/vgdisplay.txt
vgcfgbackup (VG名) -f /systembackup/(VG名).vgcfg
pvdisplay > /systembackup/pvdisplay.txt
 
③レスキューモードで起動
・インストール用CD/DVDを起動
・Rescue installed systemを選択
・Choose Languageで、Englishを選択
・Keyboard Typeで、jp106を選択
・Rescue Methodで、Local CD/DVDを選択
・Setup Networkingで、Noを選択
・パーティションの自動マウントは、Skipを選択
・First Aid Kit quickstartmenuで、shell Start shellを選択
 
④VGのアクティブ化
lvm vgchange -a y (VG名)
lvm lvscan
 
⑤バックアップ実施
・バックアップ用ディスクのマウントポイントを作成
mkdir /systembackup
 
・バックアップ用ディスクをマウント
mount -t ext4 /dev/sdX1 /systembackup
 
・バックアップ取得
dump -0f (アウトプットファイル) /dev/(VG名)/(LV名)
例) dump -0f /systembackup/rootvg-rootlv.dump /dev/rootvg/rootlv
 
 
↓ リストアて手順はこちら
restoreコマンドでのリストア

スポンサーリンク
勉強wikiの下部広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
勉強wikiの下部広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA