VGまわり(Linux)

【VG作成】
vgcreate -s 32M bkupvg /dev/sdd1 /dev/sde1

※最低1つの物理ボリュームを指定する
※-sでPEサイズを指定できる、デフォルトは4MB
※1つのVGは最大64000個までPEをもてる
  ということはデフォルトのPEサイズだとVGの最大サイズは256GB
 
【VGのステータス確認】
vgs
vgdisplay
 
【VGのパラメータ変更】
vgchange -a y (VG名)   VGのアクティブ化
vgchange -a n (VG名)   VGの非アクティブ化
 
【VGへ物理ボリュームの追加】
vgextend (VG名) /dev/sdf1
 
【VGの削除】
vgremove (VG名)
 
【その他】
vgscan                                  システム内のPVとVGを検索する
vgrename (現VG名) (新VG名)   VG名の変更

 
↓ LVMまわりの設定の流れはこちらのサイトが参考になります
https://open-groove.net/linux/linux-lvm-summary/

スポンサーリンク
勉強wikiの下部広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
勉強wikiの下部広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA