PowerHAの停止手順

【両系停止】
①smitでPowerHAを停止する
smitty clstop
 即時、システム再始動時に停止、あるいは両方    即時
 クラスター・サービスを停止するノード      (停止するサーバのホスト名)
 クラスター・シャットダウンをブロードキャストする はい
 リソース・グループに対するアクションの選択  リソースグループをオフラインにする
 
②ログを確認
PowerHAの停止は実行結果を待たずにOKがかえってくるので、停止処理の正常終了はログから確認する。
tail -f /var/hacmp/log/hacmp.out
 → EVENT COMPLETED: node_down_complete (ホスト名) 0
 
※停止処理実行中は大量にログが書き出され最後の方に上記のメッセージが出てくる
※停止処理の流れは、停止処理を実行したサーバでHAの停止、他方のサーバでHAの停止となり、他方のサーバの停止処理のログはそちらのサーバに出力されるが、結果のみはsmitを実行したサーバにも出力される。
 
③停止確認(念のため)
lsvg -o        ←HA対象のVGが表示されないこと
ifconfig -a       ←サービスIPが付与されていないこと
 
 
【片系停止】
[スタンバイ機の停止] 両系停止と同じ
 
[サービス機の停止] ①サービス機の切り替え実施
 リソース切り替え手順を参照
 http://g-network.boo.jp/wiki/2017/04/post-539/
 
②両系停止の①,②,③実施
 

スポンサーリンク
勉強wikiの下部広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
勉強wikiの下部広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA