grepコマンドのいろいろな使い方

・再帰的に検索する方法
  grep -r (検索文字列) (ディレクトリ)
 
・or条件で検索
  grep -e (文字列1) -e (文字列2)
 
・スタンザ単位で抜き出す
 grep -p (文字列) (ファイル)
 
・空白行とコメント行の除外
grep -v -e ‘^$’ -e ‘^#’ (ファイル名) ←コメント行はこれもあり ‘¥s*#’
 
・空白行、タブ、スペースのみの行をまとめて除外
grep -v ‘^¥s*$’ (ファイル名)  ← ¥s 空白文字

スポンサーリンク
勉強wikiの下部広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
勉強wikiの下部広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA