cronの設定(AIX)

決められた時刻にコマンドを定期的に実行させるプロセス。
/var/spool/cron/crontabs/(ユーザ名)  に設定内容が保存される。(AIXの場合)
 
設定確認 crontab -l (ユーザ名)
設定変更 crontab -e (ユーザ名)
 ※ユーザ名を省略するとコマンド実行しているユーザが対象になる
 
crontab -eを実行するとviエディタが開かれる。保存して終了するとcron設定が即時反映される。viで直接ファイルを編集すると即時反映されず、cronデーモンの再起動かcrontabの実行が必要。
 
【書式】
分 時 日 月 曜日 コマンド

0〜59
0〜23
1〜31
1〜12
曜日 0〜7(0と7は両方とも日曜日)

 
【値の指定の仕方いろいろ】
リスト  0,15,30,45
範囲   1-5
ミックス 1,3,7-9
間隔値  0-59/5( /の後ろで指定した値の間隔で処理を実行)
 
cronの設定例
0 0 * * * /infra/bin/logbkup.ksh > /dev/null 2>&1
 
※注意点
cronは/etc/profileを読まない。それによる不都合がある場合は、crontabに以下のように1行でprofileを読み込ませれば良い。
   0 0 * * * . /etc/profile ; /infra/bin/logbkup.ksh
 
【rootユーザのデフォルトのcrontab】
#0 3 * * * /usr/sbin/skulker
  →/tmpから古くなったファイルを定期的に削除してくれるやつ。
   デフォルトでコメントアウトされており、そのままでよさそう。
 
#45 2 * * 0 /usr/lib/spell/compress
  →spellコマンドのログを回すらしい。
   デフォルトでコメントアウトされており、そのままでよさそう。
 
#45 23 * * * ulimit 5000; /usr/lib/smdemon.clean > /dev/null
  →sendmailコマンドのキューをクリアする。
  /var/spool/mqueue/logファイルがメンテされる。いらなそう。
 
0 11 * * * /usr/bin/errclear -d S,O 30
0 12 * * * /usr/bin/errclear -d H 90
  →errptの30日or90日以上前のSoftエラー、Otherエラー、Hardエラーを消す。
   errlogはerrdemonでメンテナンスされているのでコメントアウトで良いと思う。
     ※ちなみにunknownのエラーはずっと残るらしい
 
0 15 * * * /usr/bin/ras/dumpcheck > /dev/null 2>&1
  →システムダンプが容量的にダンプデバイスとコピーディレクトリーに書けるかを確認する。容量が足りない場合はエラーがログに記録される。これもあったほうがよい気がする。
 
【cronのログ】
・/etc/cronlog.conf構成ファイルの設定を読み取ってログを記録する。
・構成ファイルに設定の記載がなければ、デフォルトは/var/adm/cron/log
  
※ちなみにcronのログに終了の時刻は記録されない。あくまで成功・失敗のステータスのみ(終了の時刻をログにはく方法はあるっぽい)

スポンサーリンク
勉強wikiの下部広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
勉強wikiの下部広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA