smitの日本語化

【localeの変更】
・日本語のパッケージがインストールされているか確認(Ja_JPとかが表示されることを確認)
 locale -a
     ※もし日本語パッケージがなかったらインストールする必要がある。
   ↓ 手順はこちらを参照(bos.loc.〜Ja_JPをインストール?それだけでよい?)
  ファイルセット追加
 
・ロケールの設定確認
 locale

・ロケールの変更
 LC_ALLをJa_JPに変える(LC_ALLを変えると全部変わる)
  export LC_ALL=Ja_JP

・ロケールの設定確認
 locale
 
【日本語メッセージをインストール】
・bos.msg.Ja_JP.rteをインストールする
 
【1次言語環境の変更】
smitty langから1次言語を日本語に設定する
 
  
たぶん以上でOK(合っているかけっこう怪しい)

スポンサーリンク
勉強wikiの下部広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
勉強wikiの下部広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA