Linuxのリソースデータ(CPU,メモリ,ファイルシステム)の取得コマンド

運用する際に大事なのがリソースデータの監視です。
 
サーバのリソースデータとは主にCPU使用率、メモリ使用率、ファイルシステム使用率のことです。
 
これらの使用率を知るためのコマンドをまとめてみました。
 

【CPU】
topas           ←リアルタイムで見るならこれが一番。使用方法はこちらが分かりやすい。
              http://it-memo.info/?p=1455

sar -P ALL 5 10  ← CPU1個単位の使用率の表示。5秒間隔で10回。

sar -u 5 10     ← CPU合計の使用率の表示。左記は5秒間隔で10回データ取得の場合

vmstat -n -t 5 10      ← メモリーとCPUの使用状況を表示。左記は5秒間隔で10回データ取得の場合
 -n   ヘッダー出力を1回だけ
 -t    出力結果にタイムスタンプを付与
 
uptime           ← ロードバランサーの値を取得
 
iostat            ← 入出力機能のデータ取得
 
ps aux
  %CPU   CPUの占有率
  %MEM  実メモリの占有率
  SIZE  仮想分も含めた使用サイズ(単位:KB)
  RSS  実メモリ上の使用サイズ(単位:KB)
 

【メモリー】
topas     ←再び登場。リアルタイムの確認ならこれ。上記のURL参照。

vmstat -n 5  ←再び登場。5秒間隔でデータを表示し続ける。-nはヘッダーの表示が1度だけになる。

svmon -G -i 3 5  ←3秒間隔で5回。-G グローバルレポート(システム全体) -i インターバル指定。(表示は4KB単位)

ps aux
  %CPU   CPUの占有率
  %MEM  実メモリの占有率
  SIZE  仮想分も含めた使用サイズ(単位:KB)
  RSS  実メモリ上の使用サイズ(単位:KB)
 
prtconf
 

【ファイルシステム】
df -m    ← -mはMB単位にする。
 

【ディスクIO】
iostat -d -x -t -p ALL -y 15 480  ← 15秒間隔で480回
 -d   デバイス使用率のみを出力
 -x   拡張ディスク統計情報を出力
 -t   計測した時間も出力
 -p   デバイスの指定
 -y   繰り返し表示の際に、最初に表示されるシステム起動時からの統計情報を省略する
 

【AIXならnmonが使える】
サーバでnmonコマンドでデータ収集してきて、nmon analyserっていうツールにとってきたデータを取り込むだけで全部グラフ化してくれるやつです。
 
詳細はこちら
http://it-memo.info/?p=1438
 
(コマンド例)
nmon -fT -s (秒) -c (回数) 
↑ (秒)間隔で(回数)回データを取得する。
アウトプットはカレントに、(ホスト名)_YYMMDD_HHMM.nmonができる。

スポンサーリンク
勉強wikiの下部広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
勉強wikiの下部広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA