/etc/inittab

/etc/inittabはOS起動時に読み込まれ、上から1行ずつ実行される。ミドルウェアの起動コマンドを登録しておけばOS起動とともに自動的にプロセス起動することができる。
 
デフォルトでいっぱい記載があるが、デフォルト設定をいじることはあまりない。
 
JP1の起動や、常駐監視シェルなどの起動コマンドを登録したりすることが多い。
 
PowerHAなどの一部のミドルウェアをインストールすると自動的に設定が書き込まれることもあるので、設計書に記載するのを忘れないように注意。

スポンサーリンク
勉強wikiの下部広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
勉強wikiの下部広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA