マラソンに筋トレは必要?

マラソンに筋トレは必要なのでしょうか?

答えはYES!

それは以下のような理由が挙げられます。
1. ケガ防止につながる
2. 体幹を鍛えることでエネルギーロスが減る

・筋トレがなぜケガの防止になるか?
ランナーが1番ケガをしやすい部位といえば膝です。
ランニングの際の着地の衝撃は自分の体重の3倍にもなります。

実は、筋肉はその衝撃力を和らげているのです。

もし筋力がない状態でランニングをすると、
着地時の衝撃がもろに膝へと伝わり、ケガへとつながってしまうのです。

特に運動経験のない初心者や、体重が重い人は注意が必要です。
まずはウォーキングと筋トレから始めていきましょう。

・体幹を鍛えるとエネルギーロスが減る?
体幹とは、頭部と手足を除く胴体部分を指します。

体幹というといわゆる腹筋・背筋をイメージすることが多いですが、
身体の深層部で骨を支えている深層筋なども体幹筋です。

走る動作は脚で走っていると思いがちですが、
全ての動きは体幹の筋肉から手足へと伝わっていきます。
体幹はいわば動きを生み出す土台となるのです。

もし体幹の筋肉が足りないとどうなってしまうでしょうか?

土台が安定しないため脚へとスムーズに力が伝わらず、
無駄にエネルギーを消費してしまいます。
また、疲れてくると身体の姿勢を維持できなくなりフォームが崩れてしまいます。
結果として、効率のよい走りができなくなってしまうのです。

一歩のロスは少ないかもしれませんが、
積もり積もってそれがフルマラソンとなったら、
その差は歴然となるでしょう。

だから、体幹を鍛えることで、
エネルギーロスを減らしスムーズな走りを実現し、
パフォーマンスを上げることができるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>