仮装のすすめ

【仮装して走るメリット】
仮装して走るメリットはあるのでしょうか?
もちろん大ありです!!

それは、より多くの声援をもらえるということです。

フルマラソンは距離にして42.195km、初心者なら5時間以上も走り続けます。

私も初めてフルマラソンを走った時は、
30kmを過ぎた辺りから今まで感じたことのない疲労と痛みで心が折れそうになりました。

この脚がとまりそうな時に見ずしらずの人が一生懸命応援してくれたことで、
耐えることができたし、なぜかとても感動して泣きそうなのを我慢しながら走った記憶があります(笑)

ランナーにとって沿道からの声援はとても大きな力になるのです。

仮装をして走ることで、この声援をより多くもらえるようになるという利点があります。

【仮装のマナー】
近年仮装して走る人が増え、それと同時に仮装ランナーに対する批判も耳にするようになりました。
最低限のマナーを守って、周りの人に迷惑をかけないようにしましょう。

1. 音が鳴るものは控える
鈴などの音が出る物はランナーをペースを乱す原因にもなるのでやめましょう。

2. 他のランナーを傷つける恐れのある衣装
先のとがったものなどの他のランナーにぶつかってケガをさせる恐れのある衣装はやめましょう。

3. 装飾が落ちないようにする
コース上に物を落とすと、邪魔なだけでなく後続のランナーに転倒やケガの恐れがあります
装飾が落ちないように工夫しましょう。

4. 周りの人が不快と思うようなものはやめる
これは不快と思う基準が人それぞれなので判断が難しいですが、
過剰な肌の露出などは控えましょう。

5. 政治的、宗教上の主張又は個人の名をPRするものや広告・宣伝等を目的とした服装
これは大体大会規定に書かれていることです。
宣伝等はNGです、気をつけましょう。

6. 完走する
制限時間に引っかかって完走できなかったということになると、
「仮装なんかしてるから!」と批判の的になります。
せめて完走できるようにトレーニングを積んだ上で仮装しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加